ブロックチェーンや仮想通貨を勉強したい初心者へ〜オススメの本を紹介

ブロックチェーンや仮想通貨を勉強したい初心者へ〜オススメの本を紹介

 

ブロックチェーンとか仮想通貨とか勉強したいけど、どうやって勉強するの?

 

こんな人、実は多いと思います

 

最近何かと耳にする仮想通貨、ブロックチェーンという単語

 

興味はあるけど、そもそもどんなもの?仮想通貨とブロックチェーンの違いは?

今回はこのような疑問に応えるべく記事を書いたので、是非ともご参考ください

 

この記事で分かること

・ブロックチェーンを分かりやすく解説

・仮想通貨を分かりやすく解説

・仮想通貨やブロックチェーンの勉強でオススメの本

 

 

ブロックチェーンや仮想通貨を勉強したい初心者へ〜オススメの本を紹介

 

ブロックチェーンや仮想通貨を勉強するための本を紹介する前に、あなたはそもそも仮想通貨とブロックチェーン、これら2つの違いを知っていますか?

 

ブロックチェーンってそもそも何??(簡単な説明)

 

 

ブロックというのは、ユーザー同士で行われたトランザクション(取引)のデータを全て蓄積する箱みたいなものです

 

このブロックが連結されて、どんどんチェーンのように繋がっていくのでブロックチェーンと呼ばれるわけです

 

ここで、ビットフライヤーによって定義された「ブロックチェーン」をみてみましょう

 

データが地理的に離れたサーバーに分散保持され、記録されたデータがなくならない(改竄不可能性)、また一部のサーバーが不正侵入されても動き続ける(ビザンチン耐性)という特長を備えた全く新しいデータベース(bitflyerより引用)

 

これを言って「あーなるほど」と理解出来た人はごく少数のはず

 

よって今回は私が、初心者でも分かりやすく説明していきます

 

まず、ブロックチェーンができる前の従来のサーバー形態として、中央集権的な(クライアントサーバー型)データベース形式が取られています

 

例えば、銀行

 

皆さんの預けているお金は銀行で管理され、銀行のデータベースで取引されます

 

また、振り込みなども銀行を介して行われます

 

もちろん、銀行での引き出し・預け入れは自分自身と銀行しか見ることは出来ませんし、銀行が客の預金残高など無断で公表することはあってはなりません

 

 

従来のデータベース形式でも充分便利ですが、実は弱点がかなりあります

 

クライアントサーバー型のデータベースの弱点

・サーバーがダウンすると、客はサービスを使えなくなる

・サーバーがデータ改ざんする可能性も0ではない

・管理コストがかかる

 

このような欠点があります

 

確かに銀行などのメンテナンス期間は、引き落としなど一切出来ませんもんね

また、サーバー側に悪意がないとしてもデータが何らかの不手際で改ざん(改竄)されてしまうリスクもある

 

大胆にいうと、100万円あったはずの貯金が0なんてことも…

 

こんなことはなかなかないと思いますけど、私たちは知らないうちにそのようなリスクを背負ってるわけです

 

では一方で、ブロックチェーンをデータベースとして使うとどうなのか?

 

図で表すとこんな感じ

 

ブロックチェーンの特徴

・中央サーバーがない

 

・全ての取引データ(コピー)をノードごとに所持している

 

・管理コストが安い

 

まず、ブロックチェーンを使うことで中央サーバーが抱えていた問題の多くを解決出来ます

 

ブロックチェーンで解決出来る問題

サーバーがダウンしない

✅データ改ざんの可能性が限りなく0に近くなる

 

ノード(コンピューター)ごとに取引を行い、その取引データはそれぞれ全てのノードに共有され、管理されます

 

取引を仲介するサーバーが不要のため、サーバーダウンなどの心配がありません

 

またサーバーが必要ないので、いつでも自由な時間に取引することが出来ます

 

そして何より、データ改ざんの可能性が限りなく0になります

 

これについては、下記のブログで解説しているので是非とも参考にしてください

 

 

仮想通貨って何?

 

仮想通貨というのは、ブロックチェーンの技術を使ってできたネット上に存在する通貨のことです

 

つまり仮想通貨には、円やドルのように中央銀行が存在しません

 

仮想通貨の取引は専門の取引所を介して行われ、物やサービスの対価として支払われます

 

その種類はビットコインをはじめ、現在1500以上あるといわれています(数字はbitflyerより引用)

 

仮想通貨を使用するメリット

いつでもどこでも格安手数料で送金可能

 

✅少額で取引出来る

 

大まかなメリットはこんな感じですね

 

銀行などを介さないので、手数料が圧倒的に少なくなります

したがって海外送金など、今まで膨大な手数料がかかっていたのを軽減出来ます

 

そして、少額決済

円でいうと0.1円単位レベルで決済することが出来るようになるので、今まで払うことができなかった細かい単位での決済が可能になります

 

仮想通貨のデメリットや細かいメリットはこの記事に書いてあるので、是非とも参照にしてください

(すみません、2月中に書きます)

 

 

仮想通貨・ブロックチェーンを勉強する本5選

 

これより、仮想通貨やブロックチェーンを勉強する際に使える本を5つ紹介していきたいと思います

個人的に非常にオススメするものが多いので、是非とも買って読んでみてください

 

まずは初心者向け

 

 

図解読解力 ブロックチェーンの仕組みと開発がこれ1冊でしっかり分かる教科書

 

この本で分かること

・ブロックチェーンの技術が分かる

・初心者でも分かり易い

・ブロックチェーンに関する用語を一通り理解出来る

 

こんな人にオススメ

ブロックチェーンエンジニアを目指す人

 

✅ブロックチェーンに使われている技術を勉強したい人

 

✅ブロックチェーンを1から勉強したい非エンジニア

 

 

WHY BLOCKCHAIN なぜブロックチェーンなのか?

 

この本で分かること

・仮想通貨やブロックチェーンが使われることで世界がどのように変わるか

・仮想通貨やブロックチェーンに関する技術

・仮想通貨、ブロックチェーンの生い立ち

 

こんな人にオススメ

ブロックチェーンや仮想通貨を使って、ビジネスをしたい人

 

✅仮想通貨やブロックチェーンを一通り知りたい人

 

✅仮想通貨やブロックチェーンを一通り勉強したい人

 

テクノロジーに自信がない方にいちばんオススメです↑

 

 

いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み「いちばんやさしい教本シリーズ」

 

この本で分かること

・仮想通貨やブロックチェーンに使われる用語の理解

・図が多いので理解が容易

 

 

こんな人にオススメ

ブロックチェーンを1から勉強した人

 

✅本格的に勉強したい人の一冊目

 

✅ブロックチェーンや仮想通貨に関する知識を一通り勉強したい人

 

次は中級者向け

 

ビットコインとブロックチェーン

 

この本で分かること

・ブロックチェーン技術に関する深い知識

・エンジニアに近いレベルの仮想通貨・ブロックチェーンの技術に関する知識

・ブロックチェーンや仮想通貨に関する技術全般

 

 

こんな人にオススメ

仮想通貨・ブロックチェーンの初心者レベルからステップアップしたい人

 

✅ブロックチェーンエンジニアを目指す人

 

✅ブロックチェーンに関する深い知識を得たい人

 

 

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

 

この本で分かること

・ブロックチェーンの技術開発

・ブロックチェーンの実践と理論の両方を知る

・ブロックチェーンアプリケーションの開発

 

 

こんな人にオススメ

ブロックチェーンでアプリ開発したい人

 

✅ブロックチェーンの実践と理論を知りたい人

 

✅ブロックチェーンエンジニアを目指す人

 

 

本格的に学びたいならスクールがオススメ

 

ブロックチェーンを手っ取り早く、本格的に学びたいならスクールがオススメです

本でもある程度の学習ができますが、挫折してしまいがち…

 

そんなあなたにオススメなのは「TECH ACADEMY」です

詳細はこちら↓

 

今なら無料登録出来て、体験学習までできるので、是非ともオススメです

 

独学に挫折しそうになったら、思い切ってスクールに通うのもありだと思います

 

以上ぽすかーでした