将来が不安な大学生は知名度ではなく、仕事で就職先を選ぶべき

将来が不安な大学生は知名度ではなく、仕事で就職先を選ぶべき

どこに就職すればいいんだろう。終身雇用が無くなるのは怖い。これからどうやって生きていけばいいんだろう。文系大学生って就職できないのかな。営業職はやりたくないな。大学で何も積み上げていない

 

 

こういった悩みや疑問に答えます

 

この記事で分かること

・将来生きていくために必要なスキル

・企業に頼らず、個人で生きていける方法

・将来の不安を払拭する方法

 

この記事を書いている私自身文系大学生ですが、就職先は名前ではなく、

将来生きていくために必要なスキルを学べそうな手段で選びました

 

終身雇用が保証されなくなった現代で、大学生はどのように行動すればいいのか

 

不安にかられているあなたの力に少しでもなれればいいなと思い、

筆をすすめていきます

 

 

将来が不安な大学生は知名度ではなく、仕事で就職先を選ぶべき

結論からいうと、

将来が不安な大学生は、就職先を名前ではなく、仕事で選ぶべきです

 

それには3つの理由があります

 

就職先を仕事で選ぶべき理由

①転職した際に、市場価値が上がる

 

②楽しく仕事ができる

 

③自分にあったスキルを手に入れられる

 

 

転職した際に、市場価値が上がる

 

第一の理由として、これが挙げられますね

 

将来性や伸び代で採用される新卒市場とは異なり、転職市場は即戦力人材であることが重要視されます

 

例えば、有名企業の経理として採用されたとしましょう

 

経理は一見実用的に手に職があるかのように思えますが

そうでもございません

 

転職サイトdodaによると、「経理の採用人数はやや減少傾向」

 

確かに、今の時代コンピューター会計ソフトやAIの発達により、

事務作業中心になる経理はあまり必要ないですよね

 

多くの会社で大きな割合を占める経費が

人件費ともいわれますし

 

今後のオリンピック不況やコロナ不況でのダメージで

より人件費をカットすることに注力されていきます

 

その中で経理のあなたは生き残れるでしょうか

 

経理のみならず、事務職全般はあまりお勧めできません

 

では、何がオススメか?

 

文系あるいは理系で専門職が嫌なみなさんには、「営業職」「SE」をすすめます

 

理由としては2つありまして、

今後も需要がある

✅スキルが身につく(特にSE)

 

近年、新卒が営業職を避ける傾向にあることや

売上の重要部分を握っている場合が多いので、

営業は転職市場いまだに根強い人気があります

 

またSEに関しては、

人材が不足しているIT分野で非常に重宝されていきます

 

IT人材が不足しているという事実はこちらのグラフを

みたら明らかですね

 

引用:総務省HP

 

近年はそうしたITの人材不足を補うために、文系や

プログラミング未経験でも新卒・既卒採用

してくれる企業が増加しています

 

需要が増加している今がチャンスともいえるでしょう

 

 

楽しく仕事ができる

 

名前で就職先を選んで、一生つまらない仕事をするか

就職先は無名でも、毎日楽しく仕事をするか

 

あなたはどっちを選びますか

 

知名度こそ高いものの、実際に何の仕事しているのか

そもそも仕事が楽しいのか分からない企業(銀行など)

 

私自身様々な有名企業から内定を貰いましたが、

最後は仕事で会社を選びました

 

社員との面談や面接の雰囲気や、Openworkなどの企業内部事情がわかるサイトで

会社の雰囲気を掴みとり

 

仕事を楽しくやっているか、

将来自分のためになりそうな仕事かどうか

見極めていきましょう

 

 

自分にあったスキルを手に入れることができる

将来あなたが目指すライフスタイルはどのようなものでしょう

 

毎日満員電車で会社に通勤して、残業する?

週何回も飲みたくない人とお酒を飲む?

上司に嫌われないように、部下には抜かされないように

日々一生懸命に仕事をこなす?

 

私はそんな毎日を送りたくありません

おそらくあなた自身もそう思ってるはず

 

家やカフェなど、好きな場所で仕事をしたい

週休3日、というか好きなタイミングで休みたい

できれば面倒な人間関係は避けたい

 

これらはほんの一例にすぎませんが、出来ることなら

このような生活を送りたいはず

 

プログラマーはそのような仕事が可能なんです

 

パソコン一つあればどこでも仕事が可能

 

家でも、カフェでも

 

夢のような職業ですね

 

僕は将来的にそういったノマド生活を送りたいです

 

あなたはどうですか?

 

 

将来不安なら個人で生きることができるスキルを身につける

 

もし仮にあなたが企業からリストラされたとして、

どのように生きていきますか?

 

多くの人は再就職先を探します

しかし、以前よりも給料が低く、条件も悪いものばかり

 

家庭を持っている場合、いち早く就職しなければならず

仕事を選んでる余裕なんてありません

 

終身雇用の終焉により、

突如企業からリストラされ、路頭に迷う人は確実に増えていきます

 

また、人生100年時代となるため長く生きる分働いて、

お金を生み出さなければなりません

 

そのため、企業に頼る生き方よりも、企業を使う生き方のほうが

今後主流になってきます

 

そのためには最悪個人で生きることのできるスキルを身につけなければなりません

 

では個人で生きることのできるスキルとは何か?

 

一番良いのは、プログラミングスキルです

 

プログラミングスキルが個人で生きるのに適している理由

学習しやすい

 

✅需要がある

 

 

学習しやすい

 

他の資格勉強するよりも圧倒的に効率よく、しかも学習しやすい

 

例えば、司法書士や公認会計士、弁護士なども

個人で生きていける資格としてありますが、

 

習得までに圧倒的に時間がかかる

数ヶ月単位ではなく、年単位です

 

しかしプログラミングなら独学でも

最速30日で出来るみたいです(個人差あり、私は無理でした)

30DAYSトライアルの始め方!

 

しかし、プログラミングの独学は実際やってみると

かなり難しい

 

プログラミングの効率の良い学び方は後述しているので、是非とも参考にしてみてください

 

需要がある

これは先ほどグラフで示したように

今後もプログラマー需要は増加していきます

 

どの職業よりも、需要があるといえますね

 

プログラミングスキルを効率よく身につける方法

 

では、どのようにしてプログラミングスキルを効率よく身につけていけばいいのか

 

方法は2つあります

 

✅仕事をしながら学ぶ

✅スクールに通う

 

 

仕事をしながら学ぶ

 

正直一番効率良いんじゃないかってくらい効率が良い

 

エンジニアでも未経験募集の企業は最近急増しています

 

仕事をしながら、お金をもらいながらプログラミングを勉強できるのです

 

実は会社がプログラミングを勉強できる一番の環境だったりする

 

実践・実務は現場で仕事をしているプログラマーしかできません

 

基礎から実務まで出来て、なおかつお金ももらうことが出来る

 

会社を依存先ではなく手段として考えると

会社を「お金がもらえるプログラミングスクール」

とも捉えることが出来ますね

 

 

スクールに通う

 

もし

「プログラミングが自分に合ってるか分からない、自信がない」

「今の仕事は続けつつ、勉強してみたい」

 

というのなら

 

スクールに通ってみるのもアリですね

 

因みに、オススメのスクールは

Tech Academyです

 

 

Tech Academyが良い理由

・たった3ヶ月でエンジニアレベルになれる

・学習に詰まった際、いつでも質問可能

・オンラインなので、どこでも学習可能

 

こんな人にオススメ

最初から効率よく勉強したい

 

✅好きなタイミング・場所で勉強したい

 

もし少しでも興味を持ったら、Tech Academyの公式HPにアクセス↓

 

 

 

【まとめ】将来が不安な大学生は知名度ではなく、仕事で就職先を選ぶべき

 

就職先を知名度ではなく、仕事で選ぶべき理由

①転職した際に、市場価値が上がる

②楽しく仕事ができる

③自分にあったスキルを手に入れられる

 

オススメする仕事は「プログラマー」

 

プログラマーになるには?

・未経験募集の会社で働きながら、学ぶ

・スクールに通う

×独学は挫折しやすいのでNG

 

以上、ぽすかーでした