「ブロックチェーンと仮想通貨で副業したい・稼ぎたい人必見」【稼げる2つの方法】

「ブロックチェーンと仮想通貨で副業したい・稼ぎたい人必見」【稼げる2つの方法】

 

仮想通貨とブロックチェーンで稼ぎたいけど、どうやったら稼げるの?そもそも両者の違いって何?

 

今回はそんな疑問に答えていきます

 

 

この記事のテーマ

「ブロックチェーン・仮想通貨を勉強したい人向け」その技術や稼ぎ方を解説

 

 

この記事の信頼性

仮想通貨をかれこれ約3年運用しており、利確もしている筆者によって書かれています。

 

 

この記事で分かること

・ブロックチェーンを分かりやすく解説

・仮想通貨を分かりやすく解説

・仮想通貨やブロックチェーンの副業や稼ぐ方法

 

読者へのまえおき

今回は「ブロックチェーンと仮想通貨で副業したい人」に向けた記事になっております

 

この記事を読むことで、ブロックチェーンや仮想通貨に関して理解出来るようになるとともに、稼ぎ方や副業をするイメージが出来る様になります

 

この手の情報は、仮想通貨やブロックチェーンのセミナーに参加しないと手に入らないような情報ばかり

 

では、見ていきましょう

 

「ブロックチェーンと仮想通貨で副業したい・稼ぎたい人必見」

仮想通貨やブロックチェーンで稼ぐ上で、知っておくべきワードはこの5つ

 

✅マイニング

 

✅プライベートチェーン、パブリックチェーン

 

✅公開鍵暗号方式

 

✅スマートコントラクト

 

✅マイクロペイメント

 

マイニング

 

マイニング(英語で「採掘」の意味)というのは、ブロックを生み出す作業のこと

 

ブロックを生み出すことで、新しい仮想通貨を発行することができます

 

マイニングの大きな役割としては仮想通貨の新規発行トランザクションの承認作業があり

 

後者は、トランザクションデータが書き換えられないように検証していく作業を指します

 

マイニングでは「ハッシュ関数」を使って、ある特定の値を出すまでひたすら計算を繰り返します

 

ハッシュ関数というのは、不可逆的な一方向という特性を持った関数です。ある値を代入し計算して、出てきた結果を見るだけでは代入した値が分からないという特性を持ちます

 

最終的にブロックヘッダーの部分(図でいうと黄色)に一定の条件を揃えたハッシュ値があることで、「マイニング成功」となります

 

ビットコインなどのパブリックチェーン(後ほど説明)の場合、マイニングを成功することによって、ある一定額の仮想通貨を報酬として受け取ります

 

マイニングによって、仮想通貨は支えられているわけです

 

 

プライベートチェーン、パブリックチェーン

 

✅パブリックチェーン:誰でもマイニングなどの運営に参加出来るブロックチェーン(ビットコインなど)

 

✅プライベートチェーン:主催者が決めた企業や人物のみ参加することが出来るブロックチェーン(金融機関など)

 

大まかにいうとこんな感じ

 

今後企業でブロックチェーンが導入されるとしたら、プライベートチェーンが主流になると言われています

 

その理由としては、主に3つあり

①限られたグループや個人のみに参加が許されるため、秘匿性の高い情報を扱うことが出来る

 

②悪意あるグループや個人に乗っ取られる心配がない

 

③トランザクションの承認がスムーズになる

 

限られたグループ(その企業関係者)にのみ、参加が許されるブロックチェーンになるので、意思決定スピード(トランザクションの承認など)や乗っ取りの可能性を0に出来るという強みがある一方で、ブロックチェーンの良さである透明性がやや失われます

 

 

公開鍵暗号方式

 

出典:日経XTECH HP 第1頁

 

公開鍵暗号方式というのは、秘密鍵と公開鍵の2種類の鍵を使うことによって、オンライン上でデータのやり取りをすることが出来るシステムです

 

データを送信する側は受信側の公開鍵を取得し、データを暗号化することで、そのデータをオンライン上に公開します。そして、暗号化されたデータを受信側は自分の秘密鍵を使って復元するわけです。

 

公開鍵は受信側に秘密鍵を元に作られます

 

いまいち理解しにくい方にオススメするサイトがこれ

 

chainFlyer

 

このサイトを見ることで、リアルタイムで世界中のビットコインの取引を覗くことができます

 

公開鍵は秘密鍵を元にランダムで作成されるため、たとえ同一人物に送金されていたとしても、公開される取引ごとにアドレスが異なるため、特定は難しくなっています

 

私はこのbgmが好きなので、時々聞いています笑

 

 

スマートコントラクト

 

これはブロックチェーンに搭載されている、あらかじめ定められたプログラムに乗っ取って契約が実行されるシステム

 

例えば、自動販売機

 

お金を払って、飲み物をチョイスした後、飲み物が自動的に出てくる単純な仕組み

 

お金を払えば、自動的に飲み物を手に入れることが出来る仕組みですが、この仕組みを通して、私たちはいつのまにかに、飲料会社と「お金を払えば、飲み物が手に入る」という契約を結んでいるのです

 

スマートコントラクトのメリットとしては、契約の執行スピードが早いこと仲介手数料が軽減されることなどがあげらレます

 

不特定多数が参加するパブリックチェーンなどでは、幅広く活用されおり、今後金融以外にも様々な分野で利用されることが見込まれています

 

 

マイクロペイメント

 

ブロックチェーンや仮想通貨では、1円未満の単位で超少額決済をすることができます

 

動画や本、webなど視聴した分だけ請求されるようなビジネスモデルが今後展開されるかもしれません

 

 

ブロックチェーン・仮想通貨で稼ぐ方法

 

大きく分けて、2つあります

 

ブロックチェーンの場合:ブロックチェーンを使う人になる

 

仮想通貨の場合:投資する

 

この2つですね

 

ブロックチェーンを使う人になるには?

まずブロックチェーンを勉強しましょう

 

ブロックチェーンを勉強する方法

・読書を中心に独学

・スクールに通い、最短でスキルを習得

 

この2つになります

 

読書に関しては、学習に時間がかかりますが、圧倒的安価で勉強することができます

 

詳しくはこちらに書いているので、是非とも参考にしてみて下さい

ブロックチェーンや仮想通貨を勉強したい初心者へ〜オススメの本を紹介

 

正直な話、ブロックチェーンを勉強したいなら「スクールに通う」ことを強くオススメします

 

スクールに通うメリット

✅短い期間で効率よく勉強することができる

 

✅プログラミング未経験からでも始められる

 

✅学習に詰まった際、アドバイスを受けることが出来る

 

 

スクールに通うデメリット

・読書などの独学よりコストがかかる

 

ブロックチェーン学習が出来るスクールの中でも特にオススメなのが、

 

「Tech Academy」です

 

リンクはこちら↑

 

「Tech Academy」がオススメな理由

・最短4 週間でブロックチェーンを使えるようになる

・初心者からでも学習可能

・現役のエンジニアに質問出来る

 

副業のみならず、転職を考えている方にも特にオススメです

 

ブロックチェーンの技術のみならず、プログラミングも学習できるので一石二鳥です

 

 

仮想通貨で稼ぐ方法

 

仮想通貨で稼ぐ方法はズバリ投資です

 

仮想通貨の勉強をする方法は2つあります

 

  1. 実際に投資する(少額でも可能)
  2. 投資セミナーに行く(怪しい詐欺もあるので要注意)

 

最初にとりあえずやってみようとすることが大事

 

本を読んだり、ネットの記事を読んだりしてみるのも悪くはありませんが、正直実際にやってみないと仮想通貨は分かりません

 

1万円ほどの少額でもいいので、実際にやってみることをオススメします。1万円ほどなら失敗したところで、話のネタにもなりますし安い投資です

 

かといって、いきなり大金を投資するのは、愚の骨頂なのでオススメできません

 

最初は少額で始め、慣れてきてから徐々に投資額を増やしていくべきです

 

また、なるべく失敗するリスクを避けたい。短期で成果を出したい方は「投資セミナー」に通うことをオススメします

 

正直投資セミナーというと怪しいものを想像しますが、今から紹介するセミナーは無料からでもスタートできます

 

そのセミナーというのは「マネヤック(上リンク)」です

 

マネヤックのメリット

✅無料でも有益なコンテンツあり

✅初心者でもわかりやすい

✅有料会員になるとメールで個別サポートしてくれる

 

マネヤックのデメリット

・一部有料コンテンツ

 

実際に登録してみると、投資初心者にも分かりやすい有益なコンテンツが無料で配布されているので是非ともオススメです

 

 

まとめ・「ブロックチェーンと仮想通貨で副業したい・稼ぎたい人必見」【稼げる2つの方法】

 

結論を言うと

①ブロックチェーンを使う人のなる

②仮想通貨に投資する

 

この2点です。

ブロックチェーンならば、エンジニアになれるスキルをつけること

仮想通貨に関しては、少額から始めること

 

以上、ぽすかーでした