【最短・独学】社会人が最速で英語力を飛躍的に伸ばす方法5選

【最短・独学】社会人が最速で英語力を飛躍的に伸ばす方法5選

 

社会人から英語力を伸ばしたい。英語ができるようになりたい。効率的に英語の勉強ができるようになりたい。TOEICのスコアを伸ばしたい。英語を仕事で使えるようになりたい。ビジネス英語を身に付けたい。英語を勉強したいけど、自信ゼロ

 

こんな悩みに答えます。

 

ちなみにこの記事は英語を勉強し始めた初心者の方(TOEIC600前後)や今後さらに英語力を伸ばしていきたい方向けてに書いております

 

この記事で分かること

・社会人で英語を効率的に勉強する方法が分かる

・最短で英語力をアップさせる方法が分かる

・TOEICなどの資格試験にも応用できる勉強方法が分かる

 

社会人って日頃の仕事に追われて、英語とかの勉強を疎かにしがちですよね

 

毎日筋トレしよう。英語を勉強しよう。本を読もう…

 

上手く実践できている人って私の周りにも10%くらいしかいません。けどそういう、上手に習慣化している人は比較的仕事ができる人だったりする。

 

学生時代に比べて、時間がない社会人がどうやって英語力を伸ばすのか?効率よく英語力をアップ出来るのか?今回の記事は4分ほどでざっくり読めるようになっております。

 

筆者自身も実践し、TOEICスコアを1ヶ月で100点伸ばすことに成功しました。

 

それでは見ていきましょう

 

 

【最短・独学】社会人が最速で英語力を飛躍的に伸ばす方法5選

【大前提】多く英語に触れれば、その分英語力は伸びる

 

私自身、大学生の頃からずっと英語の学習を継続しており、この勉強習慣は今も継続しています。その私はほぼ毎日英語の勉強を通して、ある2つのことに気がつきました

 

毎日の英語学習で気がついたこと

・たくさん問題を解くことの重要性・小さな積み上げは周りと圧倒的な差をつける

 

たくさん問題を解くこと、アウトプットを徹底することで一気に成長スピードが上がります。

 

また、「インプット3:アウトプット7」がより学習効率を伸ばしてくれるということを、コロンビア大学の実験結果として示しています

 

しかし、独学だとインプットの比重が多くなりがちです。昔から自習と言われると、「暗記作業」が多かった名残が残っているのでしょうか?大学受験の名残でしょうか?詳しい理由は分かりませんが、これは事実です。

 

本当に英語力を伸ばしたいなら、とにかくアウトプット。問題を解いたり、英語を使ってみたり、覚えたものを自分から取り出せるかどうかこまめにチェックするとより記憶の定着度が上がります。

 

少ない時間で効率よく勉強するなら、復習に割く時間は最小限で済むようすることがコツです。こまめに復習することが実は一番効率的なのです。

 

1日10分でもいいので、こまめに英語学習すると、その分英語力は伸びてきます

 

できるだけ毎日英語に触れることを習慣にしていくと

 

①まずは根幹の文法から

 

では何から勉強すればいいのか?

結論からいうと、文法です

 

英文法ができると…

・英語が書けるようになります

・英語が読めるようになります

・英語が喋れるようになります

・英語が聴けるようになります

 

 

つまり文法の定着こそが英語力の伸び代につながるわけです

 

では、どのレベルに仕上げればいいのか?

 

目安として、初学者ならまず、中学英文法レベルTOEIC600点以上の高得点を狙いたいなら、大学受験レベルまでの英文法を仕上げるとかなり英語学習がスムーズに進みます

 

TOEICのスコアが伸び悩んでいる・英語の独学が思うように進んでいない人は、一度文法に戻ってみると飛躍的に英語力が伸びたりします

 

 

②文法と一緒に単語の勉強

 

 

文法と同じくらい英語の独学で同じ割合を占めているのが、この英単語です。やはり、語学を勉強する上で言葉の意味を理解できないと思うように学習が進みません。

 

しかし、最短で英語力を飛躍的に伸ばしていきたい場合、単語だけの勉強をひたすら続けるのはあまり効率的とは言いにくいです。

 

ではどうするか?

 

答えは簡単。他の英語の勉強をしながら、英単語も覚えれば良いのです。

 

英単語の勉強に集中したい人はコチラ(オススメの英単語帳をまとめております)

 

③とにかく英語を読む・聴く・書く

 

1日に一文でも多くの英文を読んだり、聴いたりしましょう。

 

英語を沢山読んだり、聴いたりすることで問題を解かずとも覚えた知識のアウトプットが自然に出来ます。

 

読めば読むほど、読解スピードは上がってきますし、リスニングでも喋っていることが理解できるようになってきます。

 

しかし、読む文章が自分のレベルに合っていないと思うように英語力が伸びず、挫折の原因になってしまいます。自分に合った教材が知りたい方はコチラ(市販で買えます

 

リーディングにオススメの教材はこちら(後日更新)

リスニングにオススメの教材はこちら(後日更新)

 

また日記を英語で書くことで、英語を書く習慣が身につきます。でも、その書いた英語の単語や文法の使い方が正しいかどうか気になりますよね?

 

そういう方もそうでない方も次の④英会話で実践してみるをやってみるとスピーキングに限らず、ライティングスキルもみるみる上達します。

 

ライティングを鍛える方法(後日更新)

ライティングを勉強するのにおすすめの教材(市販で購入可能)

 

④英会話で実践してみる

 

ひたすら座って英語を勉強するのが苦手。続く自信がない。眠くなってしまいそう。

 

いままで紹介した英語の勉強法は正直、「キツそうだな。続ける自信がないな。」と感じた人は英会話で英語学習することをオススメします。

 

英会話なら、実際に英語の勉強を生かして外国人と会話することが出来るので、最強のアウトプット方法ですね。しかし,,,

 

英会話って普通に料金高くね?

英会話スクールに通う時間無いんだが。

スピーキングとリスニングだけじゃん

 

こんな不安を抱える方も多いはず

そんな方には「オンライン英会話のDMM英会話」を一度お試しで使ってみることをオススメします。(2回分無料でお試し出来る)

 

DMM英会話なら

・1レッスン200円台でリーズナブル

 

・無料体験レッスン可能

 

・オンラインなのでどこでも受講可

 

・ニュース記事などを使った良質な教材により、スピーキングやリスニングのみならずリーディングやライティングなど独学可能

 

詳細はこちらの記事で紹介しております↓

お金をかけずに短期で英語力を伸ばしたいならDMM英会話(使い方も紹介)

 

私自身もほぼ毎日継続しているので、かなりオススメです

 

 

⑤資格の対策勉強を行う

社会人で「英語を勉強しよう」ってなると、自分が何のために勉強しているのか目標を見失いがちです。「英語を喋れるようになりたい」といっても、「日常会話レベル?ビジネスレベル?」「日常会話レベルってどのくらい?」など細かい目標設定をしないと英語の勉強の軸がブレがちに…

 

そういう細かい目標設定が苦手な人は「資格対策を勉強」をすると、目標が明確になって英語の学習がスムーズに進みます。

 

例えば、

「10月のTOEIC試験で900点を取る」

といった目標です。

 

英語学習を成功させる目標設定はこちら

 

資格の試験日は公式サイトなどを参照すると、大まかに把握できるので、それを見て「いついつまでに、合格する/〜点取る」といった目標を立てると最短で英語力を伸ばす近道になります。

 

TOEICの公式サイトから日程の確認はコチラ

 

まとめ

 

これまでに「【最短・独学】社会人が最速で英語力を飛躍的に伸ばす方法」を5つ紹介しました。英語に沢山触れれば触れるだけ英語力が伸びるという前提のもと

 

社会人が効率的に英語力を伸ばす方法

・まずは文法から鍛え上げる・文法と一緒に単語の勉強

・とにかく英語を読む、聴く、書く・英会話で実践してみる

・英会話で実践してみる

・資格の対策勉強を行う

 

どれも今日からすぐに実践できる方法なので、最初は1日10分でもいいので継続していくと自ずと効果が発揮されます。

 

他にも

英語学習に挫折しないコツ

【元塾講師が選ぶ】英語の独学を考えている初心者向けのおすすめ教材